近年増加傾向にある葬式の特徴とは

時代の変化と共に変わりつつあるのが葬式のスタイルです。
そこでここでは、近年増えている葬式のスタイルやその特徴をご案内いたします。
まずは、密葬が挙げられます。
密葬とは一般の方を呼ばずに身内だけで行う葬儀のことを言います。
次に挙げるのは家族葬です。
家族葬は、必ずしも近親者だけで葬儀を行うということではなく、故人と親しかった親族や友人だけで、ゆっくり故人を偲びお別れをする規模の小さなスタイルが特徴となっています。
そのため、故人とのお別れに重点を置いた内容となります。
特に決まった形式があるわけではなく、仏式であれば僧侶に読経をお願いして執り行われます。
最近では、故人をよく知っている人たちだけで心を込めて見送りたい、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、家族葬は年々増加傾向にあります。
最後に挙げるのは、直葬です。
直葬は、近親者や友人など限られた関係者だけが火葬場で故人に別れを告げる弔い方です。
以前は、経済的に難しいとか、身寄りがいないといった場合に限られていましたが、最近では簡素な送り方を望む人や、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、直葬もまた年々増加傾向にあります。
以上、いくつかご案内してまいりましたが、それぞれにおいて最低限知っておかなければならないマナーもあります。
専門に扱う葬儀社も増えているので、予め確認をしてみると良いでしょう。